© なつクリ相談室 All rights reserved.

たるみ解消でシャープなフェイスラインに

「フェイスラインをシャープにしたい」「小顔になりたい」 そんなあなたへ、今日は当クリニックで導入している「SMAS-up!(スマスアップ)」をご紹介したいと思います。

 

SMAS-up!(スマスアップ)って何?

smas-up!本体SMAS-up!とは、高周波熱エネルギー(RF)と局所的電気刺激(DMA)を使って顔のたるみを引き締めることができる、メスのいらないたるみ改善マシンです。

そもそも、お肌のたるむ原因は、大きく分けて、下の2つです。

  1. お肌の奥にあるコラーゲンが減少することで、お肌を支えられなくなる
  2. 加齢や重力などで、お肌を支えている皮下組織や筋肉が緩んでしまう

そして、SMAS-up!はこれらの原因に効果があります。

1の原因には: RFがお肌の奥深くへ有効な熱エネルギーを届けることでコラーゲン繊維を活性化させ、改善を促します。

2の原因には: DMAが直接的な電気パルスで緩んだ筋肉を隆起させて、皮下組織からたるみを引き締めます。

 

さらに嬉しいことが!?

上で書いた効果は基本的なもので、それに加えて下記のようなメリットもあります。

♦美肌効果

コラーゲン繊維が活性化することで、良質なコラーゲンの再構築が行われ美肌効果も期待できます。

♦老廃物や脂質・セルライトの除去効果 スマスアップの仕組み

ハンドピースと呼ばれるお肌に直接当てる部分の物理的に押し付ける圧力と内部からの熱エネルギー&電気刺激が、脂肪層に対して圧力を同時にかけることで老廃物や脂質・セルライトの除去効果を見込めます。

♦むくみ、顔色は即座に改善

筋肉刺激、高周波による温熱効果、物理的マッサージ効果で、むくみ改善も実感できます。血行も促進され、顔色も一段明るく!

♦痛みや不快感がほとんどない

電気刺激に弱い方を除けば、マッサージを受けるような感覚で受けることができます。また、超音波に見られるような特有の不快感もありません。

♦ダウンタイムがない

赤みや腫れなどのダウンタイムがほとんどないので、施術後すぐにメイクが可能です。

 

注意点

このようにとてもおすすめするマシンですが、もちろん注意点もあります。

  • 下記のような方は施術することができません。
    • 治療部位に金の糸などの金属が入っている方
    • 妊娠中の方
    • 心疾患がある方やペースメーカーが埋め込まれている方
  • 自費治療となりますので、保険は適用できません。
  • 1回の治療でも効果を実感できますが、きちんとした効果を得るためには、2週間に1回程度の間隔で、4〜6回ほどの治療が必要となります。当クリニックでは、有効期限6ヶ月で5回コースをご用意しています。

 

さいごに

微笑んでいる先生の写真いかがだったでしょうか?たるみ治療には、サーマクールなどのマシンもありますが、様々な理由で踏ん切りがつかない方も多いと思います。今回、ご紹介した「SMAS-up!」は、そういった方々にもぜひおすすめしたい治療法です。施術時間も約40分と短く、ダウンタイムもないので、空いた時間に気軽な気持ちで受けてみるのもアリではないでしょうか?もっとも継続率の高い治療でただいま一番人気です。

この機会にぜひお試し下さい。

 

料金表(税別) スマスアップ料金表 ※自費治療のため、保険は適用できません。 ※初診の方は診察が必要となりますので、別途初診料が必要となります。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0798-66-0008
メール予約はこちら

完全予約制(火・日・祝 休診)

関連記事

疲れたなんて言ってられない!にんにく50個分のエネルギーで疲労回復

「疲れているけど、どうしても頑張らないといけない」 「イベントや飲み会が続くのを乗り切りたい」 今日は、そんなあなたへピッタリな”にんにく注…

水光注射を導入しました。

水光注射とは、ヒアルロン酸を顔全体にまんべんなく注入することで、光り輝くような弾む肌を目指す治療のことをいいます。この水光注射、皮膚の浅…

201410/15

ニキビとサヨナラしよう

まず、初めに断言しますが、「ニキビは皮膚の病気」です。尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というれっきとした病気なのです。 多くの方が経験する…

光り輝くような弾む肌へ

お肌の乾燥やくすみが気になる方、小じわやちりめんじわを改善したい方、ハリのある肌になりたい方へ、今日は当院でも導入している「水光注射」をご紹…

新☆切らないフェイスリフト「N-COGリフト」大人気です

切らないフェイスリフトと言えば、サーマクールCPTやウルトラセルなどの機械による治療がありますが、機械を使わないもので、とうとう『これは!!…

ページ上部へ戻る