© なつクリ相談室 All rights reserved.

たまごの発芽

PRPとは

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で、PRP療法とは、血小板を濃縮した血漿による治療の総称です。形成外科美容外科領域から発展し、最近では歯科口腔領域、整形外科でも広がりを見せています。 この「PRP」には、自分の血液由来の、新しい組織や細胞の成長を促す成長因子が豊富に含まれています。この成長因子を注入することでコラーゲン再生や毛細血管の再生が促され若返り効果が得られます。効果は数か月かけて徐々に現れ、細胞分裂を促し細胞が活性化するため、その若返り効果が持続するといわれています

遠心分離機

治療ではまず、患者さんの腕から採血し、それを遠心分離機にかけてPRPを抽出します。採血管と遠心分離機を利用して、どんな施設でも作成することは可能ですが、当院のプレステージPRPは、最先端のPRP採取システムです。 PRP治療で治療効果を出すには少なくとも4倍の血小板の濃縮率が必要といわれていますが、プレステージPRPでは7~9倍の高濃度の血小板の抽出が可能です。特定のキットを使わずに作成するPRPでは、作成者、作成施設により、濃度のばらつきや異物の混入など、安全面でも、効果面でもばらつきがありました。当院の使用するプレステージPRPキットでは、確実に濃縮した血小板を効率的に抽出し、また皮下出血斑の原因となる赤血球は含まずに確実に必要な部分を得ることができます。 またこのキットが優秀なところは、特殊形状で効率的に濃縮部分を抽出することができるのに、キットの費用面でも優秀なのです! ですので、価格も抑えることができました。 毛髪の治療にも非常に優秀なPRP。女性の薄毛にも非常に有用です。また、手の甲などの皮膚そのものの活性化にも適しています。

治療の流れ

  1. カウンセリングでPRPの適応か、どの部分に注入するかなどを決めます。※1
  2. 洗顔し、注入する部位に麻酔クリームを塗布します。
  3. 採血をします。 PRP1本(抽出量約2cc)につき、15~17ccの採血が必要です。
  4. 血液を遠心分離器にかけ、PRP(多血小板血漿)とPPP(小血小板血漿)を抽出します。この作業にかかる時間は、血液の状態により、個人差がありますが、約15分~20分程です。
  5. 抽出したPRPを気になる部分に注入します。メソセラピーとして医師の手による注入、もしくは水光注射の機器を利用してまんべんなく注入していきます。
  6. クーリングをして終了です。

※1 当院ではbFGFは添加していません。ですので、このPRP注射単体でくぼみがボリュームアップするわけではありません。肌の質感、ちりめんじわなどの改善のための皮膚全体の質感を改良する治療だと考えてください。また、bFGF単体の注入治療も行っておりません。

料金(税別)

プレステージPRP(医師の技術によるメソセラピー) 120,000円 → 【2014年内限定価格】80,000円

水光注射機器を用い、ヒアルロン酸も同時に注入 130,000円 → 【2014年内限定価格】80,000円

※自費治療のため、保険は適用できません。

微笑んでいる先生の写真

この機会にぜひご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0798-66-0008
メール予約はこちら

完全予約制(火・日・祝 休診)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る