© なつクリ相談室 All rights reserved.

しわ

しわが気になるあなたへ

最近、しわが増えてきて、鏡を見るのが億劫だ。実年齢より老けて見られる。そんなあなたへ、今日は「しわ」の仕組みから予防、改善までをお伝えしたいと思います。

 

「しわ」ってどうしてできるの?

しわができる原因は、大きく分けて3つあります

1つ目は「コラーゲンやエラスチン減少」です。

お肌の構造は、外側から表皮→真皮→皮下組織となっていて、コラーゲンやエラスチンがあるのは真皮の部分です。そして、真皮が表皮を支えることで、お肌にハリが生まれます。簡単に言えば、真皮はベッドのスプリングのような役割を担っているのです。つまり、コラーゲンやエラスチンが減少するということは、真皮が表皮を支えることができなくなり、お肌のハリが無くなり、しわができてしまうというわけです。では、なぜコラーゲンやエラスチンは減少するのでしょう?最も大きな要因は「紫外線」です。紫外線と聞くと日焼けを想像しますが、実は「光老化」というものを引き起こします。「紫外線=老化」というのは結びつきにくいかもしれませんが、具体例を挙げると、太ももの内側などの肌が年齢差があってもそう変わらない状態であるのはほとんど紫外線にあたらないためなのです。仕組みはこうです。まず、紫外線にあたると、炎症反応を引き起こし、分解酵素が作られます。この分解酵素がまるでハサミのようにコラーゲンを切断し、エラスチンを変性させるのです。もちろん、体内で常に新しいものが作られ続けてはいますが、残念ながら、年齢を重ねると共に作る能力は低下してしまい、生産と分解のバランスが崩れた結果、コラーゲンやエラスチンは減少していきます。あとはスプリングがダメになったベッドを想像してください。これがしわができる原因の一つです。(光老化はシミやたるみの原因でもあります)

2つ目は「乾燥」です。

 乾燥すると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができます。この隙間から水分が蒸発していきます。その結果、お肌はうるおいを無くし、細かいちりめんじわができてきます。初めのうちは、それほど気にならない程度の小さいしわですが、数が増えていくうちにしわとしわが合体し、だんだん太く目立つようになってきます。

最後の3つ目は「表情ぐせ」

イライラして眉間にしわを寄せるなど、何度も同じところにしわを寄せていると、折り紙の折れ線が紙を広げても残ってしまうように、しわも残ってしまいます。 この他にも「活性酸素」「食生活」「過剰なマッサージ」「一部の化粧品」なども原因となります。

 

有効なしわ対策ってあるの?

ずばり「紫外線対策」と「保湿」です。 季節によって紫外線の量は変化するものの、とにかく一年中紫外線対策を怠らないことが重要です。ついつい油断しがちですが、曇りの日も雨の日も紫外線は降り注いでいることにも注意しましょう。また、紫外線を100%防ぐことは不可能ですので、失ったコラーゲンを取り戻すための食事が必要となります。失ったコラーゲンを取り戻すための食事とは、コラーゲンの材料となるものを食べて、コラーゲンを作るということです。「コラーゲンを食べれば、コラーゲンになるんでしょ?」と思うかもしれませんが、食べたコラーゲンは、アミノ酸にまで分解された後、必要に応じて体の様々な部分のたんぱく質に再合成されます。よって、コラーゲンを食べたからといってそれがコラーゲンになるとは限らないわけです。また、コラーゲンの生成には、ビタミンCも必要です。つまり、コラーゲンや良質のタンパク質を含むお肉やお魚、豆類、ビタミンCを豊富に含む野菜など、バランスの取れた食事を摂ることが重要だということです。 次に保湿に関してですが、加湿器などを使って、湿度が下がりすぎないようにしたり、化粧水や美容液で水分を補給・保持し、乳液やクリームなどで水分が蒸発しないようにするなどのケアが効果的です。

 

出来てしまった「しわ」はどうしたらいいの?

皮膚科などの医療機関で、改善することができます。 当クリニックでは、しわの種類に合わせた治療法をご提案しています。

微笑んでいる先生の写真

当クリニックの特徴

・院長がしっかりしわの種類を診断し、説明いたします。

・最大限の効果が出るご提案をし、余分な治療はいたしません。

・ナチュラルな仕上がりです。

治療の種類
外用薬、ヒアルロン酸などの注射注入、レーザー、光治療、高周波、イオン導入などメスを使わない治療を中心にあなたに合った治療をご提案します。 ※自費治療となりますので、保険は適用できません。

1人で悩まないで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0798-66-0008
メール予約はこちら

完全予約制(火・日・祝 休診)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る