© なつクリ相談室 All rights reserved.

VOLUMA_900x345banner161114-3

2017年最新のヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は真皮層に元々存在する成分であり、これをシワやくぼみの皮下に注入することで、失われていた張りを取り戻し、シワを隆起させ目立たなくします。

元々生体成分のため注射によってアレルギー反応が起こるという心配が非常に少ない材料です。また、施術時間も短く、患者様の負担も少ないことから手軽に受けていただけます。

なつクリニックのヒアルロン酸注入の特徴

しわ治療目的で厚労省による製造販売承認を得ているヒアルロン酸である、アラガン社のジュビダームウルトラ(Juvederm Ultra)、ジュビダームウルトラプラス(Juvederm Ultra Plus)を使用しています。また目もとや、首のシワなどより細かいしわには、スイス製Teoxane社のテオシアルを使用しています。非常に細かい粒子の非架橋のなめらかなヒアルロン酸Mesoから、高度に架橋されたヒアルロン酸のDeepまで多種をとりそろえ、長年の経験により部位によって使い分けを重視し、よりなめらかで自然な仕上がりを目指しています。また最新のリデンシティーもⅠ、Ⅱの両方を取りそろえ、最適な治療をご提案いたします。さらにTeoxane社の、表情に合わせて自然になじむ、テオシアルRHAも使用しております。リデンシティーⅡは目元専用で青白くなりにくく、テオシアルRHAは自然になじみ、目元など表情豊かで皮膚の薄い部分にも、今までのヒアルロン酸では考えられないほど馴染みます。

ジュビダームなどのヒアルロン酸を駆使して法令線やマリオネットラインのしわそのものの改善だけではなく、頬や口角のたるみを若々しくリフトアップし、目もとのくぼみも改善する治療を多数行っています。ヒアルロン酸を使用して法令線の解消だけではなく、頬のリフトを行い、目元のたるみも解消するような治療を「ヒアルロン酸リフト」と言います。ヒアルロン酸リフトの詳細はこちらから。これまでの豊富な治療経験にもとづき、好評を得ています。

ジュビダームウルトラ(アラガン社)の特徴

ジュビダームウルトラは、顔面のしわや溝に対して、国内で唯一製造販売承認を取得しているヒアルロン酸使用軟組織注入材です。(2014年6月現在)

  • Smooth and Natural ―自然な仕上がり―
  • Long Lasting ―治療効果が長続き―

約1年実感できる治療効果で、より満足感の高い治療。
ジュビダームビスタは、HYLACROSS技術によって製造され、高架橋のヒアルロン酸を高濃度に含む3Dマトリックス構造をもっています。凝集性の高いこのゲルは、酵素分解を受けにくい特性があります。凝集性の3Dマトリックス構造は、酵素に攻撃される表面積が小さく酵素分解されにくいのが特徴です。

注射部位

効果持続期間
個人差はありますが、6か月~12か月ほどで吸収されるため、その際には再注入をいたします。ただし使用するヒアルロン酸によって持続期間はことなります。よりなめらかな仕上がりにするための目もとのヒアルロン酸はやや吸収されやすく、法令線や鼻などに使用する高度に架橋したヒアルロン酸はより持ちが長くなり10か月~12か月となります。

今までのヒアルロン酸との違いは?選び方は?

  1. 長期持続性
  2. 成形性(形を整えやすい)
  3. 低吸水性(ヒアルロン酸は生体内の水分を吸収し、てそれにより膨張してしまうことがありますが、それが起こりにくいために、予測できないボリュームになることがない)
  4. リフト力 (粘弾性と凝集性のいずれも優秀で、そのバランスが良いために、リフト力が高い)
  5. 組織親和性(周囲からコラーゲンが入り込み、形を保持しやすい)

これらの5つの特徴があります。

VYCROSS®技術は画期的で、高分子のヒアルロン酸と低分子のヒアルロン酸を混合することで、効率よく架橋され、より持続時間が長く、より膨張しにくいヒアルロン酸製剤になりました。
高分子と低分子を混ぜる、というのは、大変単純なことのように思えますが、大変画期的で、さまざまな性質を兼ね備え、かつ長期持続型の製品なのです。

優秀な製剤で、従来の者よりは少し料金は高くなりますが、「ヒアルロン酸はむくむのでは」というご心配のある方や、なるべく長もちして、頻繁に治療に通いにくいという方に特におすすめです。

料金表

  1回
目元のしわ ¥32,000~
法令線 ¥35,000~

※税別表示

お問い合わせ・ご予約はこちら
0798-66-0008
メール予約はこちら

完全予約制(火・日・祝 休診)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る